logo_black.jpeg

——11th Melitzana——

サウンドクリエイター《茄子与一》が主宰するプロジェクトである。

 

作詞・作編曲を担う茄子与一の創造する独特で幅広い音楽世界を、音楽媒体の範囲にのみ留まらない方法で表現をしている。

2019年2月1日に発足。当初は打ち込みをベースとしたインストゥルメンタル作品を投稿していたが、2020年3月1日にリリースした 1st Album『Primus』を皮切りに、歌手・歌手・演奏家・イラストレーターなどを招いた作品制作を精力的に行っている。

《11番目のメリザナ》

じゅういちばんめのメリザナ

《茄子与一》/《大瀧善久》

なすのよいち/おおたきよしひさ

サウンドクリエイター、作詞・作曲・編曲家、鍵盤奏者、管楽器奏者。

 

武蔵野音楽大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻在学中。

ピアノを大瀧良江,秦はるひ,前原信子各氏に師事。

ファゴットを大滝雄久氏に師事。

演奏楽器は多岐にわたり、今までの活動の中で披露した楽器の種別は二桁にのぼる。

管弦楽でのレコーディングや,吹奏楽演奏会へのエキストラ出演,NHK番組「うたテクネ」OP,EDへの出演,演奏会の企画・演奏など、多様で精力的な活動をしている。

各種動画の世界観に合わせて、イラストや動画を手掛けることもある。

 

2019年2月1日 茄子与一個人プロジェクト《11番目のメリザナ》を発足。​

【演奏楽器】

ピアノ、ファゴット、リコーダー、ティンホイッスル、ローホイッスル、鍵盤ハーモニカ、篠笛、オカリナ、ラップハープ、カリンバ、スレイベル、カスタネット、トライアングル、タンバリン、フレームドラム、クラベス、フィンガーシンバル、歌

nasu_no_yoichi.jpg